プチ整形と普通の整形の違いって?

メスで身体や顔を切らなくてもいいプチ整形

美容外科で行われている整形メニューには、いわゆるプチ整形に分類されるものと、通常の美容整形に分類されるものとがあります。どちらの場合でも共通しているのは、患者さんの顔や体の悩みやコンプレックスを解消し、施術前よりも美しくなれることです。整形をすることで、深刻な悩みから解放され、自信を取り戻せた人も大勢います。プチ整形と呼ばれる施術の多くは、基本的にメスを使わないタイプです。しわやたるみ治療なら、注射一本でできるヒアルロン酸注射やボトックス注射がこれに該当します。どちらもわずか10分で終わるので、忙しい人にもぴったりです。豊胸もヒアルロン酸やアクアフィリングなどの薬剤を注射するだけで、ハリのあるふくよかなバストに出来ます。


メスを使うけれど、半永久的な美しさも得られるものが多い

プチ整形に対して、通常の美容整形は手術を要するものが中心です。手術後に体が回復するまでのダウンタイムもかかりますし、メスで身体を切開しなくてはいけません。しかし、その分一回整形してしまえば、半永久的に効果が持続するものが多いのは大きなメリットでしょう。豊胸なら、インプラントを挿入する手術がこれに該当します。脇や胸の下を切開しなくてはいけないものの、一回インプラントを入れてしまえば、これを取り出さない限りずっと大きくてハリのあるバストのままです。鼻筋を整える隆起術も、硬めのヒアルロン酸を注射する方法だと一定期間しか持続しませんが、シリコンプロテーゼを手術で入れることで、半永久的に高い鼻をキープできますよ。

脂肪吸引の場合、気になる部位の脂肪を希望に沿って除去可能な点が魅力で、自分の理想とするスリムな体型を実現できます。